水揚げ漁のノルマを達成するために|魚群探知機を最大限に活用

男性

工事現場の安全保守

作業者

産業用クレーンで発生する事故は大抵の場合、大きなものです。事故を起こさないためにも点検必要です。専門業者に依頼して隅々まで点検してもらうことで工事現場の安全を保つことができるでしょう。

View Detail

現場の余剰資源を活用

作業担当者

ガラパゴスシリーズのフルイ機を現場に導入することによって、現場で発生した様々な余剰資源の粉砕処理を行うことができます。余剰資源は粉砕処理を行うことで様々な用途の製品として再利用することが可能です。

View Detail

魚群探知機の選び方

魚

水産業においての卸業者を経営するにあたって、最も重要となるのが海に出て漁をする漁船の水揚げ量です。この水揚げ量が必要分に達していなければその魚を必要としていた顧客を失望させ契約を打ち切られてしまうといったことも有り得ないことではありません。そういった自体を引き起こさないためにも業者に属する漁船は確実にノルマ分の水揚げ量を達成しなければなりません。漁船において水揚げ量のノルマを達成するために重要なのはどのポイントで漁を行うかです。また、1日のうちの漁の時間は限られているので早い段階でのポイントの決定が必要となります。多くの魚群のいるポイントを見つけるための漁師の味方となるものに魚群探知機があります。
魚群探知機には様々な製品があり、漁の目的に合わせた性能の魚群探知機を選ぶ必要があります。魚群探知機を選ぶ際に注目すべき点は漁を行うポイントの最大水深です。魚群探知機というのは振動子の周波数が海底までしっかり届きその振動子が帰ってくることで魚群の有無を判断します。そのため、振動子が海底まで届かないことにはその性能を発揮することができないのです。また、その振動子の周波数にも種類が存在し50kHzのものや200kHzのものが存在します。50kHzの魚群探知機は広域探知に特化しており、群れを探すのに最適です。しかし、広域探知を行う分魚群のいる深さや向かっている方向が特定しづらいといった欠点があります。200kHzの魚群探知機では逆にその探知範囲は狭くなりますが、より鮮明な情報を得ることが可能です。それぞれの周波数の使用水深目安は50kHzであれば250mよりも浅い海域、120kHzのものならば150mより浅い海域、200kHzの場合だと80mより浅い海域での使用が目安となっています。魚群探知機の中には50kHz/200kHzの両方に対応している製品もあり、その製品であれば深浅両方に対応することが可能です。漁を行うポイントの水深に合わせて製品を選ぶことでより確実な水揚げ量を達成することができるでしょう。

ライン生産による業務効率

微笑む男性

多くの製造業においてベルトコンベアーを用いたライン生産方式は必須となっています。しかし、通常の平式ベルトコンベアーでは運搬が困難な細長い円筒状等の部品を用いたライン生産方式を行うにはグリップコンベアーの導入が必要になるでしょう。

View Detail